これはうつ病?
うつ病と似ている病気
どうやって克服する?
今後治療をお考えの方へ


パニック障害

最近よく耳にする「パニック障害」ですが、これによる不安が慢性化していくと、うつ病を発症することも。実際にうつ病を伴う患者さんも多いので、気になる症状のある方は早めに病院を受診しましょう!

パニック障害とは

ある日突然起こる激しい動悸や発汗、頻脈、ふるえ、息苦しさ、胸部の不快感、めまいといった身体症状と共に、このまま死んでしまうのではないか・・・というような強い不安感に襲われる病気です。この発作は「パニック発作」といわれ10分以内でピークに達し、通常20〜30分、長くても1時間以内には治まります。はじめてのパニック発作では救急車を呼び、病院に運び込まれるケースもありますが、医師の診察を受ける頃には発作が治まり、血液検査や心電図検査をしても異常は見つからず、時には「気のせい」と片付けられてしまうことも。パニック障害の特徴は、検査をしても身体的な異常は見当たらないのに、パニック発作を幾度となく繰り返すことです。

原因は?

人間の脳には脳内で情報を交換したり、脳からの命令をからだに伝えたりする「神経伝達物質」が数種類あります。このうち恐怖や不安に関与している「ノルアドレナリン」と興奮を抑える「セロトニン」のバランスが乱れると、パニック障害を発症する・・・ということが明らかになってきました。つまり、パニック発作の原因は「脳内」の変化にあるため、内科などで心臓や呼吸器の検査をしても異常は見つからないのです。心因的な原因(性格や環境、ストレスなど)があってパニック障害を発症するケースもありますが、それらとの関連はまだ分かっていません。それよりも症状が生じる直接の原因は「脳内神経伝達物質のバランスの乱れにある」とする方が、この病気を治療するうえで有用と考えられています。


主な症状

パニック障害の最初の症状は突然の動悸や呼吸困難、発汗、めまいなどの身体症状とともに強い不安や恐怖感を伴う「パニック発作」です。パニック発作自体は多くの場合20〜30分くらいで治まりますが、何回か繰り返すうちに“また発作が起こるのでは”という強い恐怖心や不安感が生じるようになり、これを「予期不安」といいます。発作そのものに対する不安だけでなく、発作によって起こり得る事態を予測し、新たな不安や恐怖を生むものです。やがて大勢の人が集まる場所や過去に発作を起こした場所を避けるようになる「広場恐怖」があらわれ、ついには人前に出るのを嫌がって閉じこもるようになり、正常な社会生活が営めなくなります。さらに悪化すると、うつ病を併発することも・・・。「パニック発作」と「予期不安」、「広場恐怖」はパニック障害の3大症状といわれる特徴的な症状であり、これらが悪循環となってパニック障害をさらに悪化させます。


治療の種類と方法

パニック障害の治療には、主に薬物療法や心理療法、生活習慣の改善などが行われます。

薬物療法

SSRI

パニック障害に最もよく使われる薬剤で、脳内のセロトニンを増やす作用があります。吐き気や眠気といった副作用もありますが、抗不安薬に比べると軽度です。なお、効果が出るまでには約2〜3週間かかります。

抗不安薬

パニック障害に用いられる抗不安薬は「ベンゾジアゼピン系薬」です。SSRIが使われるようになる前は、パニック障害に一番多く使われていました。SSRIに比べて眠気やふらつきなどの副作用が強く、依存性や習慣性などの問題もあります。

三環系抗うつ薬

長年にわたる研究の蓄積があり、抗うつ効果も高いことで知られています。一方で便秘や眠気、喉の渇き、排尿困難、頻脈などの副作用もあることから、他の薬で効果がない場合などに用いられることが多いようです。

心理療法

認知行動療法

誤った行動習慣を少しずつ修正し、正しい行動習慣を身に付ける方法です。広場恐怖で電車に乗れなくなっている場合は無理やり電車に乗るのではなく、最初は駅の改札口まで行き、それが緊張なく行えるようになったら、改札口を通過してみよう・・・というように、段階的に少しずつ不安を克服し、誤った認知を正しいものへと修正していきます。

自律訓練法

心と体をリラックスさせる方法を身に付ける訓練です。パニック障害ではパニック発作を起こしていない場合でも、正常者に比べると高い緊張を維持していることがわかっています。常にピンと張った糸のようなものなので、普通なら何でもないことでも緊張が切れてパニック発作につながることも。普段からの緊張度を下げるためにも、自律訓練法は非常に重要とされています。

生活習慣の改善

睡眠不足などの乱れた生活習慣や精神的なストレスは、パニック障害を治療するうえで大敵です。生活習慣を改善し、ストレスをためないようにしましょう。そのためにも規則正しい生活を送り、それぞれに見合った気分転換の方法を見つけてください。

これはうつ病?
うつ病と似ている病気
どうやって克服する?
今後治療をお考えの方へ