これはうつ病?
うつ病と似ている病気
どうやって克服する?
今後治療をお考えの方へ


うつ病の相談先

「うつ病かも知れない」・・・けど、どこに相談すればいいのかわからないという人も多いはずです。事前に相談先を確認しておくといいでしょう。

「うつ病かな?」と思ったら・・・

思い当たる症状があるにも関わらず、誰に相談していいのかわからず、1人で悩んでいる人はいませんか? そのままにしていると症状が重くなり、治療も大変になるだけでなく、最悪の場合は自ら命を絶ってしまう危険性も・・・。かといって、神経科や精神科などは敷居が高いイメージがあり、普段あまり馴染みのない人も多いでしょう。実際に行ってみると他の診療科と何ら変わりはないのですが、何の知識もないままだと不安なものです。また、いざという時、一体どんな病院の何科に行けばいいのか・・・ピンときません。そんな不安を解消するためにも、うつ病を専門に診てくれる医療機関などを知っておきましょう!


どこに行けばいいの?

うつ病を専門的に診てもらえるのは、病院の精神科や神経科、診療内科、メンタルクリニックなどです。他にも各都道府県には最低でも1ヶ所「精神保健福祉センター」が設置されていて、ここで医療機関などを相談することもできます。また、近くの保健所に相談してみるのもいいでしょう。

各医療機関の違いや活用方法

診療所・クリニック

最も身近で、かつ気楽に入りやすい医療機関です。入院施設がほとんどなく、通院することで治療します。サラリーマンなどが通いやすいよう、夜間および休日にも診療を行っているところが多いようです。

病院

20床以上の入院施設を持つため、外来に限らず、入院診療も行える医療機関です。強制入院させられることはなく、任意で入院すればゆっくり休むことができます。

保健所

国民のさまざまな健康問題に応じるため、都道府県および政令指定都市が設置している公的機関です。心の病も同様に応じてくれるうえ、相談も無料なので、まずは気軽に保健所を利用してみるのもいいでしょう。

精神保健福祉センター

各地区保健所を支援するためのもので、地区によって名称が異なります。保健所と同様の機能を持ち、活用できる福祉制度(医療費の公費負担制度など)を教えてもらうことができるうえ、相談も無料です。

心理相談機関

専門の臨床心理士やソーシャルワーカーなどによるカウンセリングや相談を行っている民間機関です。保険が適用されないため自費扱いとなり、料金もそれぞれ異なるので、受診前に相談費用を確認しておきましょう。

保険証を使っても大丈夫?

保険証を使って診療を受けると、会社に知られてしまうのでは・・・と危惧する人もいるでしょう。健康保険には「組合管掌保険」と「政府管掌保険」の2種類があり、後者は健康保険事務所が健康保険業務を扱うため、絶対に情報は漏れません。一方で、組合管掌保険は従業員700人以上の大会社、あるいは同一業種の中小企業が集まってつくる健康保険組合のことです。別法人ではありますが、組合は企業内に設置されたり、社員が出向するという形で働いたりしています。しかし、会社に知られる心配はまずありません。それは健康保険組合には守秘義務があり、業務上で知ったことは外部に漏らさない決まりになっているからです。会社に知られたくないがために健康保険証を使わず、自費で診察を受けることもできます。でも、1回あたり1万円前後の出費が半年〜1年続く・・・と考えると、どうでしょうか?お金が苦しいからといって治療を中断すると、せっかく良くなった症状もゼロに戻ってしまいます。治療が受けられず苦しい思いをするのは、他の誰でもない・・・本人です。


これはうつ病?
うつ病と似ている病気
どうやって克服する?
今後治療をお考えの方へ